機能
 

CRX-9000の主な機能

■D端子入出力
■プログレッシブ変換
■ベロシティエラー補正 固定クロック方式TBC回路
■3Dノイズリダクション/3DY/C分離
■多チャンネルAVセレクター
■置き場所に困らないAVサイズ
■オートゲインコントロール、オートカラーコントロール
■スクイーズ信号検出
■録画機器のオートレコード対応
■リモコンコントロール

 

 

接続

接続は再生機器と録画機器の間に挟む形で配線します。

 

音声ブースト機能
 


DVD等をダイナミックレンジの拾い音声を録画機器に入力した場合、音声のゆがみを抑えるために録画レベルが下がってしまうことがあります。
CRX-9000はこのような場合でも最適な音量で録画できるように音声(音量)を引き上げるブースト機能があります。

操作方法は音声を入力、出力した状態でリモコンの音声ブーストボタンを押すことで音声レベルが切り替わります。

3段階のブーストがご利用いただけます。

 

 

 

 



CRX-9000のプログレッシブ変換機能
 

本機器は入力の接続方式にかかわらず、プログレッシブ(D2)出力ができます。プログレッシブ対応のTVにおいて本機器とTVをD端子接続します。

リモコンのインターレースボタン、プログレッシブボタンにて出力を選択します。S端子、PIN端子についてはこの設定に関わらずインターレース方式固定で出力します。

プログレッシブ出力モード選択
動き補償モード:静止画の解像度は若干落ちますが早い動きに対しても滑らかな画質を出力するモード
フレームモード:絶対的な解像度を実現します。静止画像出力時のチラツキを抑えますが、動画では画像の輪郭にギザが発生します。

 

 

 

画質調整機能
 

画質のコントロール方法

FUNCTIONボタンを押して調整する項目を選択することで画質をコントロールできます。

輝度調整 (本体のBRIGHTランプが光ります)
シャープネス調整 (本体のSHARPランプが光ります)
コントラスト調査 (本体のCONTランプが光ります)
カラー調整 (本体のCOLORランプが光ります)
彩度調整 (本体のSATURランプが光ります)

設定の段階は±10段階です。
各設定ともに基準値へ戻ったときにファンクションランプが点滅します。
ファンクションの設定値はチャンネルごとに記憶され、チャンネルごとに別々の設定が可能です。この設定値は電源をOFFにしても記憶されます。

 


ページ関連ワード:CRX-9000,ダビング,コピーガード,画像安定装置,ビデオスタビライザー,CRX9000
Link